こんにちは♫
琢磨です!!

本日はこちらの本を紹介したいと思います。

ティル・ドーテン
仕事は楽しいかね?〜会社の宝になる方法〜

 

この本を読む前の課題点としては

他に埋もれてしまっている感覚があったこと

どうにも他の人と同じようなことだけをしていて、自分でなくてもできてしまう。そんなことを感じている時に出会った本。

まさに「会社の宝」と言われるほどの人間として価値を持つためにはどうすればいいかが書いてある本でした。

 

世の中の大半の人は「完璧」であれば、それで満足してしまう。

だがそれだと他と同じで埋もれてしまう・・・・。

ならどうするか???

 

それは

愛される非常識な人間になること !!

皆、
・当たり前
・常識
・理にかなった

など他の人がやっていることをやろうとする。
それではいくらでも替えがきいてしまうし、人と違う存在にはなれない。

お客さんのためにより良い非常識なことを考え、まずやることがとても大事!!

 

そして、人と違う特別な存在の人の特徴としては

多くのことを知っているということ

それはつまり

多くの質問をしている人

のことを言う。

 

さて、それではどんな質問をしているか???

多くのことを知っている人は多くの質問を持っている。

そんな魔法の質問を載せておきましょ♫

・他にどんなことがある?

・もっとよくできるとしたら?

・ここからどんなことが学べる

この三つの質問を常に自分に課していると、確実に特別な人に成長していくでしょう!

私はコーチングをやっていますが、コーチングで必要な技術の一つに
Quality Question (質の高い質問)
があります。

答えは全て相手の中にあります。

だからこそコーチが質の高い質問をするだけで、相手は自ら答えを導きます。

 

そしてコーチングでもとても大事なこととして

常に相手の無限の可能性を忘れてはいけない  ということ

 

だからこそ特別な人は自らにも、また他人に対しても
質問を投げ掛け続ける。

そして出来上がった完璧なものに対しても、さらにもっとよくできないか?と考える

 

そして質問と同じくらい大事なこととしては

試みること!!!!

試みることに失敗は存在しない!

そして好奇心は無敵の強みであり、好奇心の元、遊び感覚で全てを試し続ける!

 

 

最後に在り方として加えたいのが

私は、

一緒にいるともっと可能性を引き出せれ、もっともっとすごい面白い世界を見せられる人間であろう

誰よりも非常識で誰よりも特別で求められる人材であろう

 

と思いました!

 

 

 

クライアントさんのために

仲間のために

もっともっと良くしていくにはどうすればいいか??

これを考え続けていきます♫

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です