こんにちは♫
琢磨です!!

本日も一つ本の紹介を!
独立してから(僕の場合は病院時代から)より一層営業について考えるようになりました。
様々な営業の本も読んでいますが、今回はこの本!!

 

営業マンは「お願い」するな!

加賀田晃

 

加賀田さんという契約率99%の営業の神様が800社を超える3万人以上の営業マンに伝授した「買ってもらう」から「売ってあげる」営業マンに変身する方法!

加賀田曰く
営業は  哲学・礼儀・話し方・セオリー・技術・極意 の6つの要素より成り立っている とのこと。

 

今回は自分なりに重要なポイントと実際に使用する手技を中心に書かせていただければと思います。

 

まずは営業の哲学。つまり「考え方」ついて

営業マンの営業という概念の捉え方が重要。

営業マンが
「断られたらどうしよう・・」
「売れなかったら嫌だな・・」
など考えてたらまず売れるわけがない。

営業は、この商品をすすめてあげると、相手にどれほどのメリットや幸福を与えられるか気づかせてあげるもの。

つまり
「営業は相手に幸福を届ける青い鳥なのである」

 

加賀田さんの営業の概念は

営業とは
「自分が良いと信じたものを相手のために断れない状態にして相手に売ってあげる誘導の芸術」

この中で、「自分が良いと信じたものを」というポイント。

あなたが相手に売る商品のことを
あなたは好きですか??

もしあなたの心で少しでも NO と思う部分があれば、まずそちらから見直してみてください。どれだけ自分自身がこの商品のことが好きかどうか、自信があるかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です