こんにちは♫
琢磨です!

 

今回はまず質問!!

皆さんは学校であり、会社であり、何かの勉強をしている時に「質問」ってどのくらいしていますか??

・全く質問をしない
・溢れるほど質問が出る
・まず質問が浮かばない

あなたはどのパターンですか??

最近私が色々な人と話す中で感じたのは

「質問したいが浮かばない」    ということ。

 

ではもう一つ質問。

質問は何のためにするのでしょう?

ぜひ一度考えてみてください

 

 

 

 

 

考えました??

 

 

 

 

答えはないのかもしれないですが、私の中では

質問は 課題解決のための手段 だと思っています。

 

それがいつの間にか、質問すること自体が目的になってはいませんか??

 

つまり質問が出て来ない人の要因は

・考えていない

・目標を立てていないということ

ということ。

 

合わせて考えると
その月の目標を立てる とその月が終わると結果が生まれる。

そこに対して

・現象の分析
・解決法
・具体的な対策法

を考える。

そうすると嫌でもわからないことが生まれてくる。

具体的には、
なぜこの現象が起きてしまったのか
どうすれば同じ過ちを繰り返さないのか
どのように対応すればよかったのか

正直いうと仮説は無限に出てくる。

そういう時に既に成功している人に質問をする。

そうすると 課題が解決することができる。

成功者と現状と自分だと大きな差が生じている。

だからこそそこを埋めにかからなければいけない。

 

その手段こそが質問。

だから質問が出てくるための方法をまとめると

①目的を立てる
②現状の課題点を明確にする
③課題を解決するために考える
④その際に生じた疑問点を全て質問する

が重要です♫

ぜひ実践してみてください!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です